多くの学会発表では、所属・氏名を知る機会はあっても

その”ひととなり”はわからないことが多いのではないでしょうか?

 

今回のアジアンPNFシンポジウム、テーマは ”PNFの多様性” 

どんな方が発表するのか...楽しみの一つとして紹介いたします!!


原口 享 (徳島)

阿波踊り (土成連、どなり連)
徳島が誇る郷土芸能である「阿波踊り」
理学療法士としての業務、勉強会、家庭の時間の合間で練習に励み、徳島の夏を満喫しています。
私は鉦(かね)をしており、鳴り物(演奏者)の指揮者のような存在です。興味がある方はyoutubeにもございますのでご覧ください。もちろん徳島にも遊びにきてください。
 
徳島での活動について

今年度より、ハンドリングスキルレベルアップ練習会として活動を始めました。

 

ハンドリング技術の向上には多くの練習と時間を要します。

 

講習会に行くとエビデンスでは語り切れないスキルが存在することが多くあります。つまりArtの部分であり、この部分を皆様とスキルアップしていきたいと思っています。

また治療展開ではICFでの活動/参加レベルに目を向けたアプローチをしていく重要性を多く感じています。そのためActivityの部分にも目を向けた練習会でありたいと思っています。

 

 

Activity with Art 略してAwAです。今後ともよろしくお願いいたします。

 



中村 洋一郎(熊本)

自己紹介

福岡-熊本にて、悩みを抱えるクライアントに質の高いサービスを提供できるよう自身の成長と、若手の育成に力を入れています!!

福岡市内の整形病院にて、臨床をスタートし、現在、熊本にあるWALK RUN PROJECT に所属。ショップマネージャーとして、経営にも参画しながら、営業終了まで、クライアントの希望に日々、対応しています。

 

勉強会

臨床一年目から、WHAT'S勉強会を養成校同級生と立ち上げ、活動をスタート。(現在は筑豊地区と2つに分かれ、活動をしている。)
6年目より、MAW-S勉強会を立ち上げ、さらなる臨床力・技術向上を目指し、福岡・熊本を中心に活動してます!!

 

気になる方は是非!!

WALK RUN PROJECTとはどの様な店でどの様な活動や施術内容を行っているのか?WHAT'S・MAW-Sではどの様なセミナーを行っているのか?

ご興味がある方は各ホームページから活動報告・ブログを是非ご覧ください。



川口 広俊(三重)

PNFと子どもの関わり
 介護老人保健施設で勤務する傍ら、保育園にて公認コーチとPNF Conceptを融合した「親子やきゅうあそび教室」を行っております。運動制御理論をベースにしたあそびを通じ、親子の絆を深めていきます。(写真は子供の体重を利用したPelvis tilt movement・上下肢のBilateral Asymmetrical patternを指導している一コマです。子どもたちは親から落ないようにするために姿勢制御を学びます)。自宅でも簡単にできること、そして”People Need Fun” をモットーに行っております。

 

日本体育協会公認軟式野球コーチとして

講義は共通(152.5時間)・専門カリキュラム(60時間)と充実の構成内容となっております。技術習得のHow toだけでなく、選手がどうなりたいかというwant toを大切にしているところは、夢をもたせるというPNFコンセプトの”Positive approach”と重なるものがあります。共通カリキュラムではスポーツ心理学・コーチングに精通する専門家の講義を拝聴できるなど貴重な経験もできます。専門カリキュラムでは私が受講したときは、日本体育大学健志台キャンパスにて、元プロ野球選手やバイオメカニクスの研究者、大学・社会人野球の指導者の方に講義・実技指導を受けました。

様々な競技で公認コーチ資格がございますので、詳しくは日本体育協会ホームページでご確認ください。



池田 知行(鳥取)

発表に向けて
地元鳥取から参加させて頂きます!!!
病院を3年、現在は老人保健施設に勤務しています。
自分がPNFにハマったきっかけは、ポジティブアプローチという”対象者の身体的や精神的な良い部分にも目を向け、それを利用することで弱い部分にも働きかける”考え方に衝撃を受けたからです。
もともとネガティブな性格ですが、発表に向けてポジティブに頑張っていこうと思います。

 

地元での活動
PNF(アドバンス)コース受講者3名で「Yellow Dale」として活動しています。
初心者から経験者まで、PNFに興味がある方々とパターン練習会を行っています。

どなたでも参加可能です!! 詳細はホームページまで